太陽光発電システムについて

太陽光発電の3つのメリット

1. クリーンで枯渇しない

太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無尽蔵で、クリーンである点です。
石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。



2. 設置場所を選ばない

太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です。
設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

3. メンテナンスが簡単

太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。 システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。

私たち3Rエナジーは、自社で太陽光発電所を所有しております。
自社での運用で培った太陽光発電に関する膨大なノウハウやデータをもとに、
製品のご提供や運用のアドバイスを行っておりますので、是非ご相談ください。

太陽光発電事業に係る資金調達ニーズは、一般に7年以上の長期に亘るほか、 下記の通り、当該事業にはいくつかのリスクが存在します。

  • 天候リスク

    太陽光発電には、天候の影響を受けやすく、発電量が不安定という特性があります。このため、日照不足により見込み通りの発電量が確保できないといったリスクがあります。

  • 自然災害リスク

    太陽光パネルは屋外に設置されるため、落雷や大規模な台風および竜巻などの自然災害により発電設備が損壊するリスクがあります。この場合、発電量の減少にとどまらず、発電そのものができなくなる可能性も指摘できます。

  • 設備メーカー倒産リスク

    設備メーカーの倒産により太陽光発電システムの維持管理ができなくなるリスクであります。メーカーの独自技術がある設備では故障して修理できず発電が困難になるおそれがあります。

  • 性能不足・低下リスク

    太陽光パネルの欠陥や故障、および経年劣化により、仕様通りの発電量が確保できないリスクであります。なお、発電能力(出力性能)については、メーカーが10~20年保証し、その間の故障等を事業者側に瑕疵がない限り無償で修理するほか、定期的な点検を提供している。

  • 電力会社の倒産リスク

    電力会社の倒産により売電ができなくなるリスクがあります。

  • このようなリスク回避にも3Rエナジーの
    太陽光発電運用ノウハウが役立ちます。
ページ上部へ戻る

CONTACT

お電話・メールフォームでのお問い合わせ・資料請求はこちらから。
お気軽にご連絡ください。

TEL092-260-3035

スリーアールエナジー株式会社
〒812-0008 福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30 高光第一ビル2F

〒812-0008
福岡県福岡市博多区東光2 丁目8-30 高光第一ビル2F
TEL : 092-260-3035